匿名ユーザーさんの質問

2012年07月26日
これは自分の悪い癖なんですが勉強に悩みがあります。暗記物と問題演習との時間の割き方です。英語,国語,日本史の暗記はサクサク進むのでいいんですが,時間をかけて暗記をした後に数学,物理,化学などの比較的一問一問に時間がかかる教科をやると時間がかかることに焦ってしまうんです。しっかり考えるべきなのは分かっているんですが,それでも焦って解答を見てしまうことが多々あります。
先生

先生の回答

2012年07月26日
よくわかります、私もそういうタイプでした。私事はよいとして、数学・物理・化学の問題も8割方は暗記ものです。

ただ、単なる暗記ではありませんね。「Aという問題が出たらBと答える」という一対一対応ではなく、「問題を見て、自分が覚えた知識のうちどれを使うかを判断し、当てはめてみる」という動作が必要です。そのため、日本史などにはない「試行錯誤」が必要になるのですが、そもそも知識を持っていなければいくら考えても答えは出ません。

焦って解答を見てしまうときの状態は、すでに試行錯誤の余地がなく、思考停止している状態だと思います。これはその問題を解くための知識を持っていないか、持っているとしても知識が使える状態になっていないということです。「知識が使える状態にない」とは例えば、公式は暗記していてもどういう問題で使うかが身についていない、という状態です。

とりあえず立式してみたり式変形してみたり、ということをしてもらちがあかず、もう頭をどう働かせればよいかわからない状態になったら、さっさと答えを見てしまう、というのは賢いやり方です(時間は限られていますからね)。ですが、そこで終わりにしてしまっては勉強になりません。解答解説を見て
・知らない知識があればそれを身につける
・知っているが使い方がわからなかった知識があれば、知識の使い方を身につける
・解答解説を伏せて、もう一度問題に挑戦し、身についているか確認する(直後ないし数日後)
この行程を怠らないでください。これで、他の暗記科目をやるときと似た感覚で問題を進められると思います。

上記の勉強を繰り返すことで、初見の問題に挑戦するときも試行錯誤がどんどんできるようになってきます。試行錯誤が尽きたときには、やはり解説を見てしまいましょう。それで、なんら問題はありません。

ウンウン考えて解法をその場で編み出す能力を要求するのは京大東大レベルの問題ですし、そのレベルの問題に挑戦する前にはやはり上記のような「一般的な解法セオリーを身につけておく」という行程が必要です。ですから、解答解説をすぐに見ても落ち込むことはありません。ただ、解答解説を見て「この解法はもう覚えたよ……」というときは、ある程度ショックを受けた方がよいですね。
赤本・過去問・参考書・問題集の使い方の質問
ツイート