匿名ユーザーさんの質問

2012年04月02日
自分は化学が苦手です(特に無機と有機) 偏差値は50~60あたりとかなりぶれがあります しかも理論の電気分解の部分も、先生が意味分からずにとばしました なのでそこは知識もほとんどありません また無機と有機は前の模試でも合計で1問しか正解しませんでした 教科書やノートを見てもなにがかいてあるのか分からない状態です きれいにまとめてある参考書等を教えてください
先生

先生の回答

2012年04月02日
三省堂「化学IB・IIの新研究―理系大学受験」をおすすめします。
理論・無機・有機がすべてつまっている辞書的な存在で、これを読んでどこに何が書いてあるかわかるようになるくらいまで読み込んでください。

まずは、発展的な内容は飛ばして基礎的な部分だけ読んでも構いません。いずれにしても、何周も読むことが前提の勉強法となります。

この本も初学者向けですが、これが難しければ、各分野ごとにさらに噛み砕いた説明をした参考書もあるので、書店で同じ分野の説明の仕方を見比べてみるとよいでしょう。他の本で大事なことが書いてあったら「新研究」の方に書き込めば、「これ一冊で大事なことがすべて集約されている」というすばらしいものができあがります。

偏差値を見ると、理論についてはかなり勉強し、理解もしているのではないでしょうか。無機と有機は暗記が多めですが、日常に触れている物質の仕組みを知る楽しい試みでもあり、論理的な考察の要素も十分にありますから、楽しく勉強できると思います。
化学の質問
ツイート