匿名ユーザーさんの質問

2012年02月27日
自分は高2で、広島大学教育学部の英語文化を目指しています。 受験勉強を始めて3ヵ月が経とうとしています。 先日進研早期対策マーク模試がありました。 国語…89 英語…133 リスニング…40 数学ⅠA…81 数学ⅡB…63 生物Ⅰ…49 倫理…58 日本史B…65 でした。 志望進路、2次試験教科を考えると ・国語がこのままでは非常にヤバい。 ・英語系に進むなら、英語を武器に出来るほどの点数が欲しい。 の2点を強く感じました。 そこで早速対策始めたいのですが、 特に国語英語に関して センター対策と2次(記述とか)対策どっちからすべきですか? また、自分の主な減点要因は英語は読解なんです。 センター問題は大概文章の概要を問う問題なので、読解力向上にセンター問題を使うようにしています。 これは間違った勉強方法でしょうか? 国語は、ほぼ読解力命ですから当たり外れがまちまちで…。(ToT) そんな現状の国語はセンター、2次どちらで対策取るべきですか? 両教科とも文法と単語は鍛えたつもりです。 初質問で長文乱文失礼しましたm(_ _)m
先生

先生の回答

2012年02月27日
模試の結果から自己分析し,対策も考えられており,とてもよいと思います。

この時期はセンター対策を主にするのがよいでしょう。センターの勉強はそのまま基礎固めとなり,二次対策はその延長線上にあるからです。

というわけで,
>センター問題は大概文章の概要を問う問題なので、読解力向上にセンター問題を使うようにしています。
これは正しいです。

英語は読解が弱いと認識できており,センター長文の問題をこのまま続けてゆくのがよいと思います。どうも読解のコツがわからないというのであれば参考書を読むと見通しがよくなります。読解に強くなる指針を示した本として,簡単な順に代々木ライブラリー「英文読解基本はここだ」,桐原書店「入門英文解釈の技術70」,アルク「英文読解スマートリーディング」をおすすめしています。自分に合うもの1冊でよいです(基本的に参考書は一冊を読み倒すが吉)。また,良き指導者がいる場合はその人に聞いたほうがよいでしょう。

英単語・熟語と文法・語法もこのまま続けてください。読解の助けになります。

次は国語です。
国語もセンター演習で読解テクニックを磨いてください。センターは選択問題のみですが,読解の基礎が詰まっています。
現代文は点数の安定しない科目として認識されがちですが,少なくとも評論文は1問間違い以内でおさえるべきところです。読解の正しい手順を踏むことによってかなり安定しますから,その場の当てずっぽうで答えるのでなく,確信を持って選択肢を消し,確信を持って正解を選べるところを目指しましょう。読解の方針を学ぶ手立てに困っていたら,代々木ライブラリー「田村のやさしく語る現代文」,河合出版「入試現代文へのアクセス」を参考にするとよいでしょう。

繰り返しになりますが,参考書のおすすめはあくまで一例で,以前から使っているものがあればそれをやり倒すのがよいです。上で進めたものは「読み物系」なので,手持ちで不足があると感じたときに手を出すのがよいと思います。

また古文漢文もステップアップしたいところですね。

長くなったのでこの辺にしますが,方針で迷うことなどあれば質問歓迎します。
勉強計画(高1から高2)の質問
ツイート