匿名ユーザーさんの質問

2012年01月23日
過去問はだいたいどれもそうだと思うんですけど配点が書いてないので、実際自分がどれくらいのところにきているのか分からず不安です。最近は40問中30問ちかくはとれるようになってきたんですが、国語だと漢字、英語だと文法というようにとりやすいところでとっているので、実際は半分もとれてないんじゃないかと思います。最低でも6割、余裕持って7割は取りたいです(;_;)やっぱりもっと正答率上げないとまずいですよね? あと、本番が2月1日なんですが、今後の勉強法として、やった過去問をもう一周するより基礎を確認した方がいいですよね? 過去問解いたあと採点するときにざっと確認はしているんですが、2回目で満点とれるほど確実なものには出来てないです。ちなみに、過去問を解いてみて、基礎的な問題が多いように感じました。最近は過去問と平行して、今更ですが単語をガッツリ1から覚え直してるところです。単語帳に分からない単語を書きまくって、最初は400枚くらいあったんですが、あと30枚くらいまで減りました。国語は文化史が出てくるとかなり点数を落とすので、うすい文化史ワークで暗記中です。日本史は正直過去問以外は手付かずです。あと一週間どうしたらいいですか(;_;) 質問ばかりですみません。少し先の未来が不安で夜も眠れません。そして次の日が辛いです。ここにきて生活リズムが崩れてきました。ハゲそうです。回答お願いします(;_;)
先生

先生の回答

2012年01月23日
過去問を解いて傾向や自分の弱点を分析し,それに合わせた勉強をしていますから,ベストな勉強ですね。これがなかなかできない人が多いですから,自分の勉強法に自信を持っていいと思います。単語など,きちんと基礎に立ち戻れるところも強みです。

気になった点は「過去問の見直し」です。問題を暗記しても意味はありませんが,「本番でこのような問題が出たら自分で解法を導き出せるか」を基準に,採点後とことん解説を読み込み,復習してください。間違えたけど解説を読んだら理解はできた,というレベルだと,本番で同じ間違いをしでかす可能性があります。過去問を全て解き直す必要はないと思いますがいくつかやってみること,残りは問題を見て頭の中で解法を考えるだけでも効果があります。

日本史も,過去問をやった感触から自分の苦手分野を見つけ,復習した方がよいでしょう。新しい参考書を購入する必要はありません。

この一週間は,生活リズムを試験日に合わせることをまず行なってください。一つの方法として,やりすぎと思うほど早寝早起きして,そのあと調節すると楽です。
試験前日に「ベストを尽くしたのだから,あとは天命を待つのみ」という状態になることを目指して,今までどおりの勉強+上記の勉強を行ってください。応援しています!
勉強計画(2次試験直前)の質問
ツイート