かずやさんの質問

2015年12月12日
センターの点数がだんだん落ちてきます。 どうしたらいいんでしょうか? また、重要問題集だけで、8割取れるでしょうか? またどのぐらいやればいいか(A問題だけでいいと前に聞いたことがあります、)教えて下さい
先生

先生の回答

2015年12月12日
点数がなかなか上がらない、また下がってしまったときは焦りますよね。そういうときに、落ち着いて効果的な対策ができるかが合否を分ける、といっても過言ではないでしょう。

理論化学ばかり間違えるとか、計算間違いばかりする、という場合には、何を対策すればよいかは一目瞭然ですよね。前者は、教科書の「理論化学」の分野を読み、問題集の該当箇所、なかでも自分が間違えた問題の類題を解いていけばよいわけです。後者はひたすら計算演習をしたり、見直しをするための時間を確保できるよう過去問演習をすればよいですね。悩む必要はありません。
しかし、多くの受験生は、全ての分野を少しずつ落としているため、何を対策すればよいのか悩んでしまいます。

ですが、基本的な考え方は「偏って間違える人」と変わりません。それぞれの分野について、どこが苦手なのか、どのような問題を出されたら困るのかを自分の答案と解説を見ながら書き出してみてください。それら自分の弱点を、ひとつひとつつぶしてゆくのが「点数を上げるための対策」となります。

重要問題集はセンターレベルの問題をほぼカバーしていると思いますが、ただはじめから漫然と進めていくだけでは効果は薄いと思います。上記のように、自分の中で課題を設けて、苦手な分野、問題を集中的に解くようにしましょう。ちなみに、重要問題集でカバーしきれていない問題も出ますが、そこは落としても8割は取れます。基本的な問題を落とさないことが大事です。

また、苦手な分野は問題集だけでなく、教科書までさかのぼることも重要です。改めて教科書や入門参考書を読んでみると、意外に初歩的なところに見落としがあったり、理解の足りないところがあったりします。そういったことを再確認してゆくことで、未知の問題への対応力も上がりますから、苦手な分野はぜひイチから復習してください。

いくら勉強時間を増やすといっても限界はありますから、「頻出分野で点数の低い箇所」から優先して勉強してゆくとよいでしょう。簡単にいえばいちばん苦手なところからです。「ここは捨てる」などと考えていると、大きな穴を抱えたまま本番に望むことになり、自信が持てなくなってしまいます。苦手なところは、いちばん伸びしろの大きいところですから、学びがいがあります。苦手だと思っていただけで、教科書から学び直せばさくっと理解できることもあります。

勉強の仕方の大枠を紹介しましたが、具体的に苦手な箇所など教えていただければ、もう少し的を絞ったアドバイスができると思います。まずは自分の答案の分析をして勉強計画を立て、該当する問題を解いていきましょう。
化学の質問
ツイート