中原馨さんの質問

2015年06月28日
「~に反対です」という意味の「be opposed to」と「oppose」の違いは何ですか?使い分けなどありますか?
先生

先生の回答

2015年06月28日
be opposed to は「反対である」という立場を表し、気持ちとして反対であるということを示しています。 oppose は実際に反対運動をしていたり、反対であることを表明するなど何かしらの行動をしていることを指します。

紛らわしいのは、be opposed to を使っているからといって反対運動をしていないとは限らないことです。"He was opposed to her marriage." は「彼は彼女の結婚に反対だった」という意味で、実際に反対を口にしたかどうかはわかりません。思っているだけで言わなかったかもしれませんし、結局言っていたかもしれません。いっぽう "He opposed her marriage." は、「彼は彼女の結婚に反対した」となり、実際に「反対だ」と伝えたとか、相手の家に殴りこみに行ったとか、何かしら行動をしていることがわかります。
英語(文法・語法)の質問
ツイート