比較生産費説

 ALL モード 
国際貿易の利益は,19世紀のイギリスの経済学者リカードによっても示されていることに関して,次の表は,リカードの比較生産費説を説明するための例を示している。A国では220単位の労働量が存在し,B国では360単位の労働量が存在している。そして,各国とも貿易前は,電気製品と衣料品を各1単位ずつ生産している。リカードの比較生産費説の考え方として最も適当なものを,下から一つ選べ。
電気製品1単位の生産に必要な労働量衣料品1単位の生産に必要な労働量
A国100120
B国200160

国際社会の問題次の問題
ツイート