余弦定理

 ALL モード 
$a$を正の定数とする。点Oを原点とする座標平面において,中心がOで,半径が1の円と半径が2の円をそれぞれ$\text{C}_{1},~\text{C}_{2}$とする。
${\theta}\geqq0$を満たす実数${\theta}$に対して,角$a{\theta}$の動径と$\text{C}_{1}$との交点をPとし,角$\dfrac{{\pi}}{2}-\dfrac{{\theta}}{3}$の動径と$\text{C}_{2}$との交点をQとする。ここで,動径はOを中心とし,その始線は$x$軸の正の部分とする。
このとき,線分PQの長さの2乗$\text{PQ}^2$を求めよ。
三角関数の問題次の問題
ツイート