マントルと地殻

 ALL モード 
マントルよりも密度の小さい地殻は,水に浮かぶ木片のようにマントルの上に浮かんでいる。地殻とマントルの境界である( ア )の深さは,標高が高い山脈の下では( イ )なっている。このつり合いをアイソスタシーという。スカンジナビア半島では氷期の厚い氷(氷床)がとけ,とけた氷の重さだけ軽くなったために,アイソスタシーが成り立つように,地殻が隆起を続けている。
前の文章中の空欄( ア )( イ )に入れる語の組合せとして最も適当なものを,次のうちから一つ選べ。
地球の活動の問題次の問題
ツイート